Since its establishment in 1957, IMV has been deeply involved in research and development in the field of dynamics, especially vibration engineering.

Local News

2022.11.15

日本包装技術協会のwebフォーラムに登壇します

11月30日にweb開催される「JPIwebフォーラム」において

「現状の振動試験の課題と解決に向けて」をテーマに

コアプロダクト開発課 係長 萬井公一 が講師として

スピーチいたします。

 

▼イベント概要及び受講については主催社webサイトをご覧ください。

https://www.jpi.or.jp/saiji/seminar/kenkyukai/2022/kenkyukai_221130.html

 

▼スピーチ詳細

【テーマ】現状の振動試験の課題と解決に向けて

近年、EC市場の成長に伴い様々な製品が宅配便として輸送される機会が増え、輸送振動によるトラブル(外装の凹みや擦れ、製品の破損等)も増えています。一方で、過剰包装が環境問題として取り上げられることもあります。製品の包装が適切かどうかを評価するためには、実際に荷物をトラック等に載せて道路を走行する方法と、規格に沿った輸送試験を行う方法等があります。前者は定量的に評価することが難しいため、後者を検討する企業も増えてきていますが、試験装置は一般的に高価であり、占有スペースが広く、設置工事・電気工事が必要等、導入ハードルが高いことが課題です。本講演ではそれらの課題を解決するために開発した、輸送試験用小型振動試験装置m130LSとその活用事例についてご紹介します。

 

Related post

News Archive(WorldWide)

AMERICAS

Choose your country or region

ASIA

Choose your country or region

SOUTHEAST ASIA

Choose your country or region

Return Top